マイメシWebのデザインを変更しました!

【boketto】オーガニックにこだわり抜いたレストラン「ar」でインスタ映え!

そこにいるだけで贅沢感を味わえる空間、それが西原村にあるBokettoです。

ネーミングからもお分かりの通り、「ボケーっと」優雅な時間を過ごすことができます。

Bokettoのテーマは自然を少しだけ間借りするということ…確かに、建物の奥には手付かずの森があった…気がする。

訪れたその日はあいにくの雨…

でも、雨だからこそ見られる景色もありますよね。雨に濡れた足場に映える生き生きとした森の緑…

晴れの日ではみることができません。

今回はBoketto内にあるオーガニック食材にこだわり抜いたレストラン、「ar」でランチです。

休日は予約必須です!

予約せずに行ったんですが、なんと空席は1テーブルのみ。早めにきたのでよかったですがもう少し遅ければ入店することすら叶いませんでした。

Bokettoで食事することがメインなのであれば予約は必須です。

ロゴからしておしゃれ感が漂っています。

なぜ店名が「ar」なのでしょうか…「organic restaurant」ならば”or”な気もしますが。

これが素人の考えだったことに気づきました。

店名の由来「ar」は別名、大天使とも呼ばれているハーブ「Archangelica(アルカンゲリカ)」からきているらしいです。

疫病が流行った中世のヨーロッパ。聖ミカエルのお告げで、治療薬として使われたという伝説もあるような。

(参考:https://boketto.biz/ar/

Organic Restaurantだからと言ってその頭文字をとって店名にするようなわけないですね。

店内から見える外の景色。

おしゃれやわ。ウッドデッキから木が生えているのも素敵。木on木。

店内の雰囲気。

木の温もりを感じられる空間に人間が最小限介入したようなコンクリートの打ちっぱなし感。

さすがプロの仕事だなぁ。

テーブルには、お皿、フォーク、スプーン、ナイフ、ナフキンと…

アルカンゲリカ!!

注文する!

メニューの画像もあるのですが、Boketto-arの公式WebサイトにメニューのPDFがあったのでこちらでは割愛します!

まず、ドリンク。

ドイツ産のジュース、オーガニックスパークリングジュースより

  • ブラッドオレンジエイド(¥605)
  • パッションフルーツエイド(¥605)

を。

料理は

  • オーガニック季節の野菜を使ったarのサラダ(¥1,430)
  • パプリカソースonビーフカツ&オーガニック野菜 パルメザンチーズのダンス(¥1,870)
  • 牛深産ポークと黒胡椒・ローズマリーのグリル(¥1,760)
  • arの黒パン(¥198)

を注文です!

なかなかにいいお値段しますね。そして、パルメザンはダンスする。

[box04 title=”オーガニックって何?”]「オーガニック」と聞いたことはあるだろうし、行ったこともあるかもしませんが、実際説明しろと言われるとわからないのではないでしょうか。かゆいところに手が届く!マイメシです。

オーガニックとは有機栽培のことです。農薬や化学肥料、化学物質などを使わずに自然の力だけを頼った生産物のことをいいます![/box04]

まずはジュースです。

ビンに入っています。ビーガンの方も飲めるような表示がされていますね。

味は甘すぎないさっぱりした感じです。単体で飲むと物足りないような気もしますが、食べ物の味を邪魔しないので食中に飲むのには最適かもしれません。

ちなみに、手前がブラッドオレンジ。奥がパッションフルーツです。フルーツそれぞれの風味が感じられます。

こちらは「オーガニック季節の野菜を使ったarのサラダ」

ドレッシングは必要最低限。いつもはドバドバかけていますが、今回は野菜の味を存分に楽しむためにも少なめです。

色々な野菜が入っていました。季節によって内容が変わるのでしょう。旬のものを食べることができます。

いかにもおしゃれな構図の写真。

メイン料理の登場です!

「パプリカソースonビーフカツ&オーガニック野菜 パルメザンチーズのダンス」

あれ?パプリカソースonビーフカツなのであれば、ビーフカツの上にパプリカソースが乗っているはずなのに、パプリカソースの上にビーフカツが乗っているぞ…?

みたいなことも考えてしまいましたが、”on”は接触を表すこともあるので間違ってはいないのか…

屁理屈はよしておきましょう。

中はレアなビーフカツ。パプリカソースに絡めていただきます。付け合わせの野菜もサブではありません。

ぜひ一緒に食べる。

「牛深産ポークと黒胡椒・ローズマリーのグリル」

お皿の絵をよく見たら…

アルカンゲリカ!!

細部までこだわり抜かれているのを実感しないわけありません。

ポークはもちろん柔らかく、ローズマリーがほのかに香ります。この空間にマッチした食事です。

食事と一緒に黒パンを。

香ばしさの中にほのかな甘味があります。もっちりしたパンは食感がクセになりますね!

非常におしゃれな空間でした。

お店の情報

名前 Boketto Organic Restaurant ar
住所 熊本県阿蘇郡西原村布田834-27
ホームページ https://boketto.biz/ar/
地図

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

熊本生まれ熊本育ちの’97です!
「友達に美味しいグルメを紹介できたらな〜」と思って始めたマイメシの管理者です。
好きな食べ物ランキングは1位馬刺し、2位タコライス、3位トマトソースのパスタ!
と思っていましたが、麻婆豆腐が2位かもしれません。とにかく旨いものと激辛料理が好きかも。
「熊本グルメならマイメシ」といってもらえるように今日も伝わるコンテンツを作ります!
そのコンテンツを通して熊本グルメ界を盛り上げられれば嬉しいです。

コメント

コメントする