マイメシWebのデザインを変更しました!

こだわり素材のあっさりラーメン!江津湖近くの醤油そば「琥珀」でスープを堪能してきた

”熊本といえばとんこつラーメン”みたいなイメージがなんとなく染み付いているのですが、最近はそうでもない…

とんこつだけではなくて、醤油や塩、味噌も…

キテます。

それに店構えもカジュアルな感じで、一見、カフェと間違えるような作りに。女性でも「おひとりさま」ですんなりと入れるお店が増えていますね!

今回紹介するのは醤油そば。

琥珀です。

他のお客さんもいらっしゃったので店内の写真が限定的ですが、この写真からもおしゃれさが

伝わって欲しい!!!!

普通はラーメン屋さんの店内におしゃれなTシャツなんて飾らんのですよ。しかもそのデザインは「SHOYU NOODLE SUPPLY」。

4種類のラーメンを食べてきたのでメニューと共にご紹介しますね!

※今回の記事では「そば」を「ラーメン」と表記しているところが多々ありますが、今回に限っては「ラーメン」も「そば」も同じ意味で利用しています。

醤油そば屋さんだけど塩も味噌も辛いのもある

屋号に「醤油そば」とあるので醤油系スープの専門店かと思いきや、実は塩も味噌も辛いのもあります。

この日は入荷的な問題で、もつ系ラーメンとかつ丼が売り切れてました。

メニューの繰り返しになりますが、素材へのこだわりがすごい!

  • 牛深産うるめいわし煮干し
  • 北海道産羅臼昆布
  • 沖縄産天然塩
  • 鹿児島枕崎産鰹節

それぞれの素材は一番有名産地から厳選して取り寄せているのだそう。熊本のラーメンというよりは日本全国のうまいものを集めて作ったラーメンって感じですね。

トッピングもあります。

今回は

  • 琥珀そば(¥820)
  • にんにく醤油とりそば(¥820)
  • 味噌とりそば(¥880)
  • 辛とりそば辛さx3(¥820)

をオーダーです。

トッピングで

  • 辛ネギ(¥160)
  • 炙りせせり(¥190)

も頼みました!

見た目も楽しめるラーメンたちでした…

まずはトッピングから見ていきましょう。

辛ネギ。辛いネギです。

せせりです。琥珀そばを頼まなくてもせせりをトッピングでつけることができます!

琥珀そば。

まさに名前通り、スープの色が琥珀色。

あっさりめなテイストで、どっかりこないのウリなのかもしれない…ってか、全部飲んでしまってもギルティーとは感じないようなスープ。

「ギルティー」とは罪深いという意味です!罪悪感的な意味で使いますね!

にんにく醤油とりそば。

にんにくが効いていて、食べ応えがあります。塩分を感じたいならにんにく醤油とりそばはなかなかいいかもしれません!

鶏チャーシュと煮卵がスープにマッチします!

味噌とりそば。

さっきまでの醤油系スープとは少し変わって、味噌がベースです。

バターを溶かしながら食べる!バターのまろやかさと風味豊かな味噌がいいですね〜。

なかなか味噌ラーメンが食べられるお店はないのでこだわり素材の味噌ラーメンはここおすすめかもしれませんね!

続いては変わり種の変わり種、辛とりそば。

辛さはMAXの3倍です!

最近ずっと練習していた…

麺ねじり持ち上げ!!!!!

この撮り方をしているインスタグラマーの方にねじる方法を問い合わせしたのですが、なかなかお忙しい方らしくて返事をもらえず…

自己流でねじる方法を考えだしました。

もうちょっと多めに持ち上げた方が映えるような気がしました。もっと練習します…

と、完全自己満足とも思えるねじり談義のお話はさておき…

辛とりそばの具材です。

いやはや最初から変わり種に行ってしまったので次はスタンダードに醤油スープのとりそばをいただくことにしましょう。

というか、塩系を頼んでなかったのは結構後悔しました。

次は塩系かな?

いずれにしても美味しくいただきました!ごちそうさまです。

お店の情報

お店 醤油そば 琥珀
住所 熊本県熊本市東区江津1丁目1−12
ホームページ https://kohaku-soba.com/
地図

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

熊本生まれ熊本育ちの’97です!
「友達に美味しいグルメを紹介できたらな〜」と思って始めたマイメシの管理者です。
好きな食べ物ランキングは1位馬刺し、2位タコライス、3位トマトソースのパスタ!
と思っていましたが、麻婆豆腐が2位かもしれません。とにかく旨いものと激辛料理が好きかも。
「熊本グルメならマイメシ」といってもらえるように今日も伝わるコンテンツを作ります!
そのコンテンツを通して熊本グルメ界を盛り上げられれば嬉しいです。

コメント

コメントする